社会福祉法人 光明会 -櫛形荘- は、日常生活上の介護、機能回復訓練等、常に利用者の立場に立ったサービスを提供するよう努めています。

社会福祉法人 光明会 櫛形荘

お知らせ

櫛形荘 > お知らせ > 櫛形荘からのお知らせ

介護支援移乗サポートロボットのご寄贈

ファスフォードテクノロジ株式会社様より
介護支援移乗サポートロボット「HUG T1-02」をご寄贈していただきました。

ご寄贈いただいた介護支援移乗サポートロボットにつきましては、利用者様のトイレ介助の際などに使用させていただきます。

ファスフォードテクノロジ株式会社様ありがとうございました。

節分の豆まき

2022年2月3日に節分の豆まきを行いました。

職員が鬼のお面を被り、鬼に扮して登場し
「鬼は外、福はうち」の掛け声に合わせ
鬼に向かってまめを投げていきました。

豆を投げる表情はとても真剣で
投げた後は、笑顔で鬼役の職員を労わっていました。



























おやつでは、鬼の絵が描かれている和菓子を食べましたが
とても絵柄が可愛く食べるのが勿体ないとの声も聞こえました。



今年も“福”が来ますように・・・

お正月用の生け花を準備しました

2021年12月27日、山梨県立白根高校の華道部の生徒さんに、お正月用の生け花を生けていただきました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、昨年は中止となってしまいましたが、毎年お正月用の生け花を生けてくれています。

華道部の生徒さん達も、人前で生けるのは久しぶりということでしたが大変綺麗な生け花を生けていただき、完成した作品を見たときは利用者様から拍手喝采が湧きました。

お花は、櫛形荘介護老人福祉施設と通所介護事業所(デイサービス)の玄関に飾りましたので、面会などでお越しになられる方は是非ご覧ください。



白根高校華道部の生徒の皆さん本当にありがとうございました。

餅つき大会

2021年12月8日、毎年恒例の餅つき大会を行いました。

昨年に引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため
利用者様と職員のみでの開催とさせていただきました。

当施設の餅つき大会は
もち米から炊き上げて、石臼(臼)と杵を使って
本格的にお餅を作りあげていきます。





利用者様と一緒に「よいしょー」と威勢のいい掛け声をあげながら
職員がお餅をついていきました。

餅つきの経験が少ない職員が多く
つき具合などは利用者様にお餅を見せて確認をしてもらい

「まだまだつき具合が甘いなー」
「もっと力をいれてー」といった

餅つきの大先輩のアドバイスを参考に無事お餅が完成しました。

当時の餅つきを思い出しながら
昔話をしてくれる利用者様も多く
この季節にピッタリのイベントでした。











お花のプランターをいただきました

11月30日に山梨県立巨摩高校の環境美化委員会の生徒さんより
お花のプランターをいただきました。

大切に育てていただきましたお花のプランターは
施設の玄関に飾らせていただきます。

巨摩高校環境美化委員会の生徒の皆さん本当にありがとうございました。



車いすのご寄贈

株式会社介護センター花岡様より車いす2台をご寄贈していただきました。

ご寄贈いただいた車椅子につきましては
利用者様の為に大切に使用させていただきます。

株式会社介護センター花岡様ありがとうございました。

「紅葉狩り」

2021年11月10日利用者様と職員で大型車に乗り、紅葉狩りに出かけてきました。
日頃の行いが良かったためか、紅葉日和。

午前中のグループでは櫛形総合公園に行ってきました。
いちょう並木が黄金色に輝いてまさに見頃のタイミング。



利用者様も青空に映えるいちょうの美しさに感動し、じっと眺めている方もいらっしゃいました。
いちょうをバックに写真撮影も行いました。



午後のグループは、少し遠出して伊奈ヶ湖へ。
湖の周りの紅葉も進んでいて、きれいな景色をバックに職員と記念撮影。



伊奈ヶ湖では、湖の白鳥を間近で見ることもでき
「こんな近くで白鳥を見たことがないよ」と利用者様も非常に喜んでいました。

11月18日にも紅葉狩りを予定しています。
その様子は、またホームページにアップしていきますのでお楽しみ!

「寿司バイキング」

2021年11月10日、毎年恒例の寿司バイキングが行われました。

厨房の調理師さんたちが利用者様の目の前で
マグロ・カンパチ・エビ・煮穴子・玉子焼きの5種類のお寿司を握りました。

普段は少食の方も、お寿司となると話は別!
それぞれ好きなネタをお腹いっぱい楽しみました。

「運動会」を開催しました!


2021年10月6日、櫛形荘食堂にて、毎年恒例の運動会が行われました。
今回は、ショートステイ・デイサービスを利用されている方も参加し、総勢およそ70名、過去最多人数での開催となりました。
紅組、白組それぞれの代表者お二人による、堂々とした選手宣誓!


種目は定番の「玉入れ」、チームの皆さんで協力して行う「物渡しゲーム」、そして「借り物競争」 普段はおとなしい利用者の方々も、一生懸命体を動かし、大いに盛り上がりました。




最後の種目「職員対抗大玉転がし」では、職員も利用者様に負けじとダッシュ!応援の声に力も入りました。


この日はお天気も良く、外での昼食となりました。おにぎり、いなり、から揚げと、運動会の定番メニューです。秋晴れの下、皆さんとても楽しそうに食事されていました。

「炊き出し訓練」を実施しました!

2021年9月8日「炊き出し訓練」を実施致しました。

実際の災害時を想定し、利用者様と一緒にお湯を入れるだけで炊けるアルファ米を使用した主食作り、主食が食べられない方へのパン粥作り(こちらもお湯を注ぐのみ)
また、湯せんするレトルトタイプのカレーを使用し最後に皆さんで試食しました。

 

 

(パン粥とは、米の粥とは違い牛乳で作るので、たんぱく質やカルシウムも摂れ大変食べやすくなっています。
今回は炊き出し訓練用のパン粥を使用したため、お湯を注いで作りました。)


多くの利用者様が「美味しい」と笑顔で召し上がっていました。
非常時は限られた食料・資機材を使って調理することも必要となります。
備蓄品の確認や補充・入替を併せて行いました。

 

「夕涼み会」を開催しました!

2021年7月31日に、櫛形荘食堂にて「夕涼み会」を開催しました!

毎年、利用者様のご家族様や外部のお客様もご招待して納涼盆踊り大会を行っていましたが、今年は、新型コロナウイルスの影響により、ご利用者様のみでの開催となりました。

会場では、「お面くじ」「的あて」「ヨーヨー釣り」などのゲームをお祭りの屋台風にレイアウトしました。
くじを引いて可愛いお面が当たると大喜びする方も! また、かき氷やわたがしのコーナーでは、皆さん夏のグルメを思いっきりほおばり、まさに夏祭りに参加したような気持ちで楽しんでいただきました。



夕涼み会最後には、ベランダで花火鑑賞。 2年ぶりの大きな花火を間近で見ることができ、 多くの利用者様が声をあげてとても喜んでいました。



コロナ渦で外出もままならない日が続いていますが、 夏祭り気分を味わっていただくことができたと思います。

来年は、コロナが終息し、また例年通りにぎやかな会ができますように 櫛形荘職員一同願っております。

ホームページリニューアルのお知らせ

当施設のホームページがリニューアルしました。是非ご覧ください。