社会福祉法人 光明会 -櫛形荘- は、日常生活上の介護、機能回復訓練等、常に利用者の立場に立ったサービスを提供するよう努めています。

社会福祉法人 光明会 櫛形荘

お知らせ

櫛形荘 > お知らせ

【夕涼み会を開催しました!】

2022年7月29日に「夕涼み会」を開催しました。
今年も新型コロナウイルスの影響により、利用者様のみでの開催となりました。


屋内会場では「お祭りうちわ」を配り、「輪投げ」「おもちゃすくい」のゲームを屋台風にレイアウトし、欲しい景品を取りにゲームに夢中になっていました。







ゲーム後は屋外のベランダに移動し、お祭りの露店風に「ジュース」「綿菓子」「かき氷」「プリン・ゼリー」のお店で食べたい物を選びお祭りの雰囲気を楽しいでいただきました。中でも好評だったのが綿菓子で、大きな綿菓子を頬張っている利用者様が多かったです。









周りも暗くなってくると夕涼み会最後のイベントであります花火を鑑賞しました。花火1つ1つ打ち上がるごとに「綺麗」との声が聞かれ花火も楽しんでいただきました。



新型コロナウイルスが続くなか、夕涼み会を開催でき、利用者様に夏祭りの雰囲気を
体験していただくことができ大変良かったと思います。

【元気券で鰻とフルーツを食べました】

2022年7月15日に南アルプス市の元気券で
魚覚さんの鰻・ゼリー・フルーツをいただきました。


鰻・ゼリーは昼食に、フルーツは15時のおやつにいただき
鰻では「久しぶりで美味しい」と笑顔が溢れていました。














利用者様の鰻を食べてる姿を
職員は羨ましそうに見ていましたが
鰻のにおいだけでも味わうことができました。

15時のおやつのフルーツでは
すいか・メロン・パイナップル・オレンジなどの
フルーツオートブルをいただきました。

こちらは少し余ったので職員で少しいただきましたが
とても甘く美味しかったです。

6月「蕎麦打ち」「買物外出」「カフェ」を開催しました

6月22日に「蕎麦打ち」を開催しました。
利用者様の目の前で蕎麦職人さんが蕎麦を打ち
打ったお蕎麦を昼食にて召し上がりました。



6月の数日に分けて利用者様と職員で「買物外出」に出かけました。
トライアル南アルプス店に外出し、利用者様の欲しい服や靴などを購入しました。
また、利用者様によってマクドナルド南アルプスガーデン店に行く日もあり
ハンバーガーを頬張る利用者様もいて
久しぶりの外出に大変喜んでいました。



6月29日に「カフェ」を開催しました。
南アルプス市の元気券で、デザートを購入し
利用者様に好きなデザートとジュースを選んでもらい食べていただきました。
多くのデザートの中から1種類を悩みながら選んでいる利用者様も多く
久しぶりのデザートにとても笑顔が輝いていました。








令和3年度各種事業所サービス調査報告書について

令和3年度各種事業所サービス調査報告書について

ご利用者のご家族様にアンケート調査を行いました。
アンケート調査をもとに、今後更なる資質の向上を図らせていただきます。

令和3年度各種事業所サービス調査報告書(クリックしますと報告書の閲覧ができます)

介護支援移乗サポートロボットのご寄贈

ファスフォードテクノロジ株式会社様より
介護支援移乗サポートロボット「HUG T1-02」をご寄贈していただきました。

ご寄贈いただいた介護支援移乗サポートロボットにつきましては、利用者様のトイレ介助の際などに使用させていただきます。

ファスフォードテクノロジ株式会社様ありがとうございました。

お花見会

2022年4月8日にお花見会を行いました。

午前中は職員による歌と踊りを利用者様に披露しました。

利用者様は櫛形荘オリジナルの法被をまとい
雰囲気を盛り上げました。

大変お似合いです。

トップバッターは男性職員2名による
「瀬戸の花嫁」を歌いました。

キーボード演奏とボーカルを担当し
この日のために猛練習をしてきたとか・・・

美しいメロディと美しい歌声を披露し
利用者様からは「上手!」と盛大な拍手をいただきました。

次に職員による「花笠音頭」。
利用者様からの手拍子をもらい
楽しく踊ることができました。

最後には職員と利用者様と一緒に「春の小川」を歌い
春の到来を味わうことができました。

午前の部終了と思いきや
花笠音頭がまた見たいとのアンコールをいただき
再び花笠音頭を踊り、盛大に午前の部を締めくくりました。



午後の部では、南アルプス市の元気券で
南アルプス市内の和菓子屋さんや洋菓子屋さんでおやつを購入し
利用者様におやつを選んでもらい食べていただきました。







この日はとても快晴だったので、外にテーブルを出し
外の景色を見ながらおやつをいただきました。

「あの辺りに実家があるよ」
「あの辺りはさくらが満開だね」

といった職員と利用者様の会話や
利用者様同士での会話が弾みました。








また、飲み物もコーヒーと抹茶のどちらかを選択することができ
とても贅沢なおやつの時間となりました。









櫛形荘周辺の桜はとても見ごたえがあり
(今年は散ってしまいましたが)
満開の時期には多くの方が写真を撮りに来ています。

是非、来年桜の満開の時期に
櫛形荘周辺を散策してみてください。





2022.4.14 [ イベント ]

節分の豆まき

2022年2月3日に節分の豆まきを行いました。

職員が鬼のお面を被り、鬼に扮して登場し
「鬼は外、福はうち」の掛け声に合わせ
鬼に向かってまめを投げていきました。

豆を投げる表情はとても真剣で
投げた後は、笑顔で鬼役の職員を労わっていました。



























おやつでは、鬼の絵が描かれている和菓子を食べましたが
とても絵柄が可愛く食べるのが勿体ないとの声も聞こえました。



今年も“福”が来ますように・・・

お正月用の生け花を準備しました

2021年12月27日、山梨県立白根高校の華道部の生徒さんに、お正月用の生け花を生けていただきました。

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、昨年は中止となってしまいましたが、毎年お正月用の生け花を生けてくれています。

華道部の生徒さん達も、人前で生けるのは久しぶりということでしたが大変綺麗な生け花を生けていただき、完成した作品を見たときは利用者様から拍手喝采が湧きました。

お花は、櫛形荘介護老人福祉施設と通所介護事業所(デイサービス)の玄関に飾りましたので、面会などでお越しになられる方は是非ご覧ください。



白根高校華道部の生徒の皆さん本当にありがとうございました。

餅つき大会

2021年12月8日、毎年恒例の餅つき大会を行いました。

昨年に引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため
利用者様と職員のみでの開催とさせていただきました。

当施設の餅つき大会は
もち米から炊き上げて、石臼(臼)と杵を使って
本格的にお餅を作りあげていきます。





利用者様と一緒に「よいしょー」と威勢のいい掛け声をあげながら
職員がお餅をついていきました。

餅つきの経験が少ない職員が多く
つき具合などは利用者様にお餅を見せて確認をしてもらい

「まだまだつき具合が甘いなー」
「もっと力をいれてー」といった

餅つきの大先輩のアドバイスを参考に無事お餅が完成しました。

当時の餅つきを思い出しながら
昔話をしてくれる利用者様も多く
この季節にピッタリのイベントでした。











お花のプランターをいただきました

11月30日に山梨県立巨摩高校の環境美化委員会の生徒さんより
お花のプランターをいただきました。

大切に育てていただきましたお花のプランターは
施設の玄関に飾らせていただきます。

巨摩高校環境美化委員会の生徒の皆さん本当にありがとうございました。



車いすのご寄贈

株式会社介護センター花岡様より車いす2台をご寄贈していただきました。

ご寄贈いただいた車椅子につきましては
利用者様の為に大切に使用させていただきます。

株式会社介護センター花岡様ありがとうございました。

櫛形総合公園にお出かけ

2021年11月18日に利用者様と職員で大型車に乗り、櫛形総合公園に出かけてきました。
今回も日頃の行いが良かったためか、絶好のお出かけ日和。

11月10日の紅葉狩りにお出かけした時と比べると
いちょうの見頃のピークは過ぎてしまいましたが
地面一面が黄金色のカーペットのように綺麗に映えていました。





利用者様と昔の話をしながら、楽しく公園内を散策してきました。





12月は恒例行事の餅つき大会を予定しています。
今回も利用者様のみでの開催となりますが、その様子もホームページにアップしていきますのでお楽しみ!

2021.11.26 [ イベント ]